TEL:06-6628-8148 FAX:06-6627-0878

朝10時より診断

土曜日の午後も診療しております。
また、毎月2日間は延長診療日を設けております。
診療時間 日祝
10:00~13:00
14:00~19:00
14:30~19:00

※第2週水曜日と第4週金曜日は20:00迄(日曜日始まりのカレンダー参照)

14:00~17:30

※最終受付時間は、診療時間終了30分前となります。
金曜の午後はミーティングの為、14:30~
【休診日】木曜・日曜・祝日・お盆・年末年始・学会参加

〒545-0011
大阪市阿倍野区昭和町1-21-22 徳山ビル4F

地下鉄御堂筋線「昭和町」3番出口すぐ

地下鉄谷町線「文の里」4番出口南へ徒歩3分

大きな地図はこちら

 

大阪 大阪市阿倍野区 矯正歯科 くしま矯正歯科 小児歯科 成人矯正歯科 顎関節症

最近の活動

スタッフ募集 スマイル新聞 最近の活動

上のQRコードを読み込んでいただくと、携帯サイトがご覧いただけます。

日本臨床 矯正歯科医会
トップページ»  最近の活動

講演、学会発表、論文など

2017年2月5日
埋伏i歯の開窓・牽引症例 久島和彦 日曜会で発表

歯根未完成永久歯の矯正治療
―全く異なった経過を示した3症例― 久島文和 日曜会で講演

2016年9月11日
症例展示
院長
成人1級叢生の抜歯症例
事故による顔の歪みをもつ成人の叢生抜歯症例
副院長
第一期治療にFKOを用いた上顎前突非抜歯症例
成人叢生の抜歯症例
於 第34回近畿矯正歯科研究会
症例展示

2016年9月
話題賞
上顎第一大臼歯の異所萌出が見られた反対咬合の長期観察症例
近畿矯正歯科研究会会誌 28巻1号

2016年7月17日
症例展示
副院長
第二大臼歯の鋏状咬合を伴うアングルⅡ級2類抜歯症例
第58回近畿東海矯正歯科学会

2016年7月3日
アレキサンダ-ディシプリンという僕の財産(再)  副院長が発表 日曜会

2016年3月6日
日曜会で講演
小児期における叢生の治療―咬合誘導を中心として―
”8020達成は良い咬みあわせから”
日曜会で講演

2015年11月26日
職域合同研究会で講演
”8020達成は良い咬みあわせから”
職域合同研究会

2015年11月
“長期安定性に向けて30年で学んだこと、次世代に伝えたいこと” JOP 11月号 2015 11-28

2015年9月23日、24日
アレキサンダー研究会に参加し、副院長が講演しました。

アレキサンダー研究会

講演会の様子 講演会の様子

2015年9月13日
近畿矯正歯科研究会に院長、副院長と2名の歯科衛生士が参加しました。
院長は 症例提示した症例で”話題賞”をもらいました。
近畿矯正歯科研究会

2015年3月1日
日曜会で講演
講演
「いつ、どの乳歯を抜歯するかー混合歯列期における積極的な咬合誘導のすすめー」久島文和

11月3日(祝)に院長・副院長・田中歯科医師が第32回近畿矯正歯科研究会に参加し症例展示しました。
近畿矯正歯科研究会

2014年10月20日から22日
3名の歯科医師は、千葉で開催された日本矯正歯科学会に参加しました。
日本中の仲間と”術後の長期安定に関する研究”の成果を3枚のパネルにした学術展示をしました。
院長は5年に一度、義務付けらている日本矯正歯科学会専門医の更新審査を受けるため3症例を提出し、審査に合格しました。


2014年9月16日から18日
アレキサンダ-研究会30周年記念大会に参加しました。
院長は30年で学んだこと、次世代に伝えたいことと題するシンポジウムの演者の一人として講演しました。副院長はさまざまなカテゴリ-の7症例の症例審査すべてに合格しAAAを取得しました。

2013年11月4日
院長と副院長、スタッフが近畿矯正歯科研究会に参加しました。
近畿矯正歯科研究会 2013年11月4日

2013年10月31日
院長と副院長がアレキサンダー研究会に参加し症例展示しました。
アレキサンダー研究会 2013年10月31日

2013年8月 日本中の研究会の仲間と一緒にアレキサンダ−先生の訳本を出しました。
amazonにて購入できます)
アレキサンダ−先生の訳本を出しました

2012年11月3日 近畿矯正歯科研究会に参加しました。
院長は特別講演の座長を 副院長は症例展示を行いました。
近畿矯正歯科研究会 2012年11月3日

2012年10月31日 アレキサンダー研究会 11月1日参加です。
アレキサンダー研究会 2012年11月1日

2012年9月13日 フィンランドで開催された IADRに展示発表しました。
2012年9月27・28日に盛岡で開催された日本矯正歯科学会で展示発表しました。
いずれも”OFCD”の巨大歯根に関する症例です。

2012年9月画像1  2012年9月画像2
盛岡「日本矯正歯科学会」 フィンランド「IADR」

2012年2月9日・10日 日本臨床矯正歯科医会に参加し 症例展示
日本臨床矯正歯科医会 2012年2月9日・10日

2011年9月11日 近畿矯正歯科研究会参加し症例提示
近畿矯正歯科研究会 2011年9月11日

2011年7月14日 アレキサンダー研究会にて院長 2症例提示、副院長 2症例提示
アレキサンダー研究会 2011年7月14日

2011年4月
院長日曜会で講演 "中高年の矯正歯科治療"
2011年2月
久島和彦 日曜会で症例発表
2010年12月1日
アレキサンダー研究会にて久島和彦 2症例提示
アレキサンダー研究会 2010年12月1日

 

2010年11月7日
日曜会で久島和彦会員発表 “認定医申請症例について”
中村智子会員発表”動機づけについて”
2010年9月26日
日本矯正歯科学会で 院長 専門医更新審査合格
久島和彦認定医審査受け合格
2010年9月12日
近畿矯正歯科研究会で 久島和彦2症例展示
近畿矯正歯科研究会 2010年9月12日

 

2010年6月13日
院長 近畿東海矯正歯科学会で症例展示
2010年4月4日
院長 日曜会で講演”矯正治療前後における不定愁訴の変化”
2010年
矯正治療前後の不定愁訴の変化 アレキサンダー研究会会誌 25号 9-17
2009年11月24日
院長 職域合同委員会で講演”最近の若者にみられる噛みあわせの問題”
2009年10月15日
院長 アレキサンダー研究会で講演”矯正治療前後における不定愁訴の変化”
2009年10月15日
第25回 アレキサンダー研究会
第25回 アレキサンダー研究会

 

2009年9月 症例提示 第27回 近畿矯正歯科研究会
第27回 近畿矯正歯科研究会

2009年9月
症例報告
“矢状分割法を行った上顎前突非抜歯症例”
“著しい叢生の非抜歯成人症例”
第27回 近畿矯正歯科研究会
2009年4月
“最近の若者に見られる歯列・咬合の問題-矯正歯科医からみた私見ー”
日曜会で講演
2009年
矯正治療のみで行った種々の問題をもつ成人骨格性下顎前突症例
近畿矯正歯科研究会会誌 41-44
2009年
高校生を対象にした歯についての調査 第Ⅳ報 高歯会20号 7-17
2008年10月
第24回 アレキサンダー研究会で症例報告

第24回 アレキサンダー研究会で症例報告

2008年9月 症例提示 第26回 近畿矯正歯科研究会
症例提示 第26回 近畿矯正歯科研究会

2008年4月
“矯正治療における8番の活用”日曜会で講演
2008年
高校生を対象にした歯についての調査 第Ⅲ報 高歯会19号 7-37
2007年10月
成長期の上顎前突の治療 アレキサンダー研究会
2007年10月
症例報告 第23回 アレキサンダー研究会
2007年9月
症例提示 第25回 近畿矯正歯科研究会

症例提示 第25回 近畿矯正歯科研究会

2007年5月
GPの行った矯正治療を考える 日曜会で講演
2007年2月
日本臨床矯正歯科医会(東京)で症例報告
2007年
臼歯部開咬を伴う成人叢生症例 日本臨床矯正歯科医会雑誌 19号(1) 68
2006年12月
第一回日本矯正歯科学会専門医審査に合格
2006年11月
日曜会で矯正講習会を開催し指導
2006年10月
日本矯正歯科学会で症例報告
2006年9月
第24回 近畿矯正歯科研究会で症例報告

近畿矯正歯科研究会

2006年6月
日本矯正歯科学会専門医審査を受ける
2006年6月
第22回 アレキサンダー研究会で症例報告

2006年6月

2006年5月
曜会で講演 不正咬合と全身の健康る
2006年
学校歯科保健に関する会員アンケ-トのまとめと考察について 高歯誌 17号(1)
2005年11月
日曜会で矯正講習会
2005年9月
第23回 近畿矯正歯科研究会で症例報告
2005年7月
第21回 アレキサンダー研究会で症例展示

2005年7月

2005年3月
成人における種々の不正咬合の治療方式の立て方 日曜会で講演
2005年
学校歯科保健に関する会員アンケ-ト調査の結果について 高歯誌 16号(1)
2005年
第六学区における歯科健康診断の結果について
大阪府立高等学校会誌 保健47号5-19
2005年
アレキサンダー研究会から
「The next level in orthodonticsアレキサンダー矯正治療アトラスⅡ」を出版
・ 非抜歯から抜歯に変更した叢生症例 53-60
・ 上顎前方牽引装置を用いた骨格性下顎前突症例 263-268
・ 下顎第二大臼歯の水平埋伏および小臼歯先欠症例 369-376
2004年
第六学区における歯科健康診断の結果について 高歯誌15号(1)17-29
2003年6月
学校歯科保健に関するアンケ-ト調査(第2報) 高歯誌14号(1) 18-25
2002年6月
学校歯科保健に関するアンケ-ト調査(中間報告) 高歯誌13号(1) 13-16
2000年3月
1卵性双生児の第1子のみに認められた骨格性反対咬合の1治験例
-未治療の第2子との比較について-
阪大歯学誌44巻2号 144-154ペ-ジ