不正咬合の種類|御堂筋線 昭和町駅③番出口すぐの くしま矯正歯科

MENU

不正咬合の種類
  • HOME
  • 不正咬合の種類

※不正咬合の種類や程度、使用装置、抜歯の有無などにより「治療期間」「治療回数」「費用」など、お一人おひとり異なります。
※「治療回数」は、装置の脱離や装置による口内炎の痛みなどの緊急時の対応や抜歯後の消毒や抜糸なども治療回数に含んでおります。

▼叢生(乱杭歯)
歯並びが凸凹になっていたり、重なり合っていたりしている状態を言います。顎の大きさに比べて歯が大きいことなどが主な原因です。歯と歯が重なり合って歯ブラシが届きにくいため、むし歯や歯周病になるリスクも高いと言われています。

【治療例】初診時年齢:24歳2か月 / 性別:女性

症例の概要:上下とも歯が大きくさらに下顎歯列に対して上顎歯列が狭かったため、上顎はクワドヘリックス装置で歯列の拡大を行った後、上下とも歯を抜歯する治療法を選択しました。下顎骨の後退位と右方偏位が認められましたが、トランスパラタルアーチとハイプルヘッドギアをしてくれたおかげで、治療後は顔貌の改善と緊密な咬合を獲得することができました。

主訴:
上の歯2本が内側にはえていることと右上の八重歯が気になる

診断名:
下顎骨が後退位と右方偏位した骨格性Ⅱ級、ハイアングルの叢生症例

使用した主な装置:
マルチブラケット装置(審美)、クワドヘリックス装置、ハイプルヘッドギア、トランスパラタルアーチ、顎間ゴム

抜歯/非抜歯および抜歯部位:
右上4番8番、左上4番8番、左下4番8番、右下5番8番

治療の費用

自費合計 984,000円+保険(8番抜歯)
矯正相談料 3,000円
基本検査料 50,000円
診断料 7,000円
矯正基本料 750,000円(審美)
抜歯料金[自費] 20,000円
調整料 130,000円
観察料 24,000円

※上記価格は税抜きです。

治療期間:2年6か月
治療回数:35回
リスクの副作用:歯の移動、装置による口内炎、抜歯などの痛みや歯肉退縮、歯根吸収、後戻りなどの可能性がある

▼上顎前突(出っ歯)
上の前歯が強く前に傾斜していたり、上顎の歯全体が前に出ていたりする状態を言います。前歯の角度異常や、上顎の過成長、下顎の成長不足、指しゃぶりなどの口腔習癖が主な原因とされています。見た目の悪さだけでなく前歯で物が咬みにくく発音もしにくくなります。

【治療例】初診時年齢:15歳2か月 / 性別:男性

症例の概要:上顎前歯の唇側傾斜によって口唇閉鎖時は上唇の突出とオトガイの過緊張が認められました。最初に上顎の抜歯を行い、下顎の抜歯は治療経過から考慮することを患者さまにお伝えして治療を開始しました。結果、下顎は一部の歯の隣接面を削ったが抜歯をせずに顔貌の改善および緊密な咬合を獲得することができました。

主訴:
上の前歯が出ている

診断名:
著しく上顎前歯が唇側傾斜した下顎後退型の骨格性Ⅱ級、ローアングル症例

使用した主な装置:
マルチブラケット装置(金属)、サービカルヘッドギア、顎間ゴム

抜歯/非抜歯および抜歯部位:
右上4番8番、左上4番、右下8番の抜歯

治療の費用

自費合計 939,000円+保険(8番抜歯)
矯正相談料 3,000円
基本検査料 50,000円
診断料 7,000円
矯正基本料 700,000円(金属)
抜歯料金[自費] 10,000円
調整料 145,000円
観察料 24,000円

※上記価格は税抜きです。

治療期間:2年9か月
治療回数:38回
リスクの副作用:歯の移動、装置による口内炎、抜歯などの痛みや歯肉退縮、歯根吸収、後戻りなどの可能性がある

▼下顎前突(受け口)
下の歯が上の歯より前に出ている状態を言います。奥場にむし歯ができやすかったり、「サ」行や「タ」行などの発音がしにくかったりする場合があります。

【治療例】初診時年齢:11歳0か月 / 性別:女性

症例の概要:上顎の劣成長および下顎の過成長が認められた骨格性の反対咬合でした。上顎にはクワドヘリックス装置および前方牽引装置を用いて歯列の前方拡大を行いました。その結果、小臼歯を抜歯せず、受け口は改善されました。

主訴:
受け口を治したい

診断名:
上顎歯列の萌出余地が著しく不足した骨格性下顎前突、ローアングル症例

使用した主な装置:
マルチブラケット装置(金属)、クワドヘリックス装置、上顎前方牽引装置、顎間ゴム

抜歯/非抜歯および抜歯部位:
上下左右8番の抜歯

治療の費用

自費合計 958,000円+保険(8番抜歯)
矯正相談料 3,000円
基本検査料 50,000円
診断料 7,000円
矯正基本料 700,000円(金属)
調整料 165,000円
観察料 33,000円

※上記価格は税抜きです。

治療期間:3年1か月
治療回数:40回
リスクの副作用:歯の移動、装置による口内炎、抜歯などの痛みや歯肉退縮、歯根吸収、後戻りなどの可能性がある

▼開咬
奥歯は噛み合っていても、前歯の上下は開いていて噛み合わない状態を言います。前歯で物を噛み切ることができません。子どもの頃からの指しゃぶりや舌を突き出す癖、口呼吸などが原因ともなります。

【治療例】初診時年齢:13歳11か月 / 性別:男性

症例の概要:マルチブラケット装置を装着後、上顎大臼歯間に歯科矯正用アンカースクリューを埋入して大臼歯の圧下(歯を骨側へ移動)と上顎前歯部に顎間ゴムをかけてもらって治療を行いました。治療中のみではなく保定期間中も舌癖に注意してもらいました。

主訴:
前歯がかみ合わない

診断名:
舌突出癖が認められるハイアングル、開咬症例

使用した主な装置:
マルチブラケット装置(金属)、歯科矯正用アンカースクリュー、顎間ゴム

抜歯/非抜歯および抜歯部位:
右上8番、左右下8番の抜歯

治療の費用

自費合計 940,000円+保険(8番抜歯)
矯正相談料 3,000円
基本検査料 50,000円
診断料 7,000円
矯正基本料 700,000円(金属)
歯科矯正用アンカースクリュー料金 50,000円
調整料 100,000円
観察料 30,000円

※上記価格は税抜きです。

治療期間:2年0か月
来院回数:27回
リスクの副作用:歯の移動、装置による口内炎、抜歯などの痛みや歯肉退縮、歯根吸収、後戻りなどの可能性がある

▼過蓋咬合
上の歯と下の歯の重なりが深く、下の前歯が見えないほど噛み込んでいる状態を言います。深く噛み込んだ歯が歯肉に傷をつけたり、歯と歯が接触している部分に噛む力が多くかかり、歯が摩耗しやすい不正咬合です。

【治療例】初診時年齢:17歳1か月 / 性別:女性

症例の概要:上顎は非抜歯で矯正歯科治療を開始して、治療経過に伴って抜歯への変更の可能性をあり得ることをお伝えしました。再診断の結果、上顎のみ抜歯を行いました。その結果、7番の鋏状咬合および深いかみ合わせが改善されました。

主訴:
前歯の深いかみ合わせを治したい

診断名:
7番の鋏状咬合を伴うアングルⅡ級2類 ローアングル 過蓋咬合症例

使用した主な装置:
マルチブラケット装置(審美)、拡大床、サービカルヘッドギア、顎間ゴム

抜歯/非抜歯および抜歯部位:
右上4番8番、左上4番8番、左右下8番の抜歯

治療の費用

自費合計 900,000円+保険(8番抜歯)
矯正相談料 3,000円
基本検査料 50,000円
診断料 7,000円
矯正基本料 700,000円(金属)
抜歯料金[自費] 10,000円
調整料 100,000円
観察料 30,000円

※上記価格は税抜きです。

治療期間:2年0か月
治療回数:30回
リスクの副作用:歯の移動、装置による口内炎、抜歯などの痛みや歯肉退縮、歯根吸収、後戻りなどの可能性がある

▼空隙歯列
顎の大きさに比べて、歯が小さかったり、歯の数が少なかったりすることが原因で、隙間が多くなっている歯並びを言います。歯の隙間に食べ物が挟まったり、前歯の隙間が目立つことに悩みをもっている方も多いです。

【治療例】初診時年齢:11歳9か月 / 性別:男性

症例の概要:上下顎の顎の大きさに対して上下顎の歯の大きさが小さいために空隙歯列を認めました。マルチブラケット装置にて上下歯列の空隙を閉鎖し、緊密な咬合を獲得することができたことで、食べ物が詰まることはなくなり、発音が明瞭になりました。

主訴:
歯と歯の間の隙間をなくしたい

診断名:
上下前歯部に認められる空隙歯列症例

使用した主な装置:
マルチブラケット装置(金属)、顎間ゴム

抜歯/非抜歯および抜歯部位:
非抜歯

治療の費用

自費合計 896,000円
矯正相談料 3,000円
基本検査料 50,000円
診断料 7,000円
矯正基本料 700,000円(金属)
調整料 100,000円
観察料 36,000円

※上記価格は税抜きです。

治療期間:1年10か月
治療回数:25回 
リスクの副作用:歯の移動、装置による口内炎、歯肉退縮、歯根吸収、後戻りなどの可能性がある

▼交叉咬合
上下の歯を噛み合わせた時に、上下の歯列がどこかで交叉している 噛み合わせのことをいいます。

【治療例】初診時年齢:9歳3か月 / 性別:男性

症例の概要:左側臼歯部の交叉咬合によって上下歯列正中線の不一致がありました。上顎歯列には犬歯の萌出スペースが十分に無かったため急速拡大装置にて上顎骨を側方拡大しました。その後、上顎犬歯の歯肉切除を行い、歯列へ誘導しました。ヘッドギアもがんばってくれたこともあり、永久歯を抜歯せずに交叉咬合は改善し、上下歯列正中線も一致しました。

主訴:
左側の奥歯が咬みにくい

診断名:
上顎犬歯の萌出スペース不足を認める交叉咬合症例

使用した主な装置:
マルチブラケット装置(審美)、急速拡大装置、サービカルヘッドギア

抜歯/非抜歯および抜歯部位:
非抜歯(乳歯の抜歯は有り)

治療の費用

自費合計 1,023,000円+保険
(乳歯抜歯、むし歯治療)
矯正相談料 3,000円
基本検査料 50,000円
診断料 7,000円
矯正基本料 750,000円(金属)
歯肉切除 2,000円
調整料 175,000円
観察料 36,000円

※上記価格は税抜きです。

治療期間:3年3か月
治療回数:40回
リスクの副作用:歯の移動、装置による口内炎、歯肉切除、抜歯などの痛みや歯肉退縮、歯根吸収、後戻りなどの可能性がある